粉川哲夫の本    シネマノート    anarchy サイト
シネマ・ポリティカ
  粉川哲夫映画批評集成


1993年12月15日発行
作品社



[目次]


ゴットファーザー

愛の嵐

カサノバ

タクシー・ドライバー

ウォリアーズ

クレイマー、クレイマーの男とノーマ・レイ男

ニューヨーク映画の活気

ローズ

グロリア

普通の人々

脱勤勉社会

ジェントリフィケーション

ブリキの太鼓

9時から5時まで

ニューヨーク・パラノイア

エレファント・マン

ジョン・メリック

フリークス

映画の周辺

タイムズ・スクエア

007/ユア・アイズ・オンリー

【アンケート】最も記憶にのこっているシーン

イレイザーヘッド

サイコセラピー

プリンス・オブ・シティ

炎のランナー

オーストラリア映画の再生

マニアック/ミッシング

1900年

カサノバ

女の都

遊星からの物体X/キャット・ピープル/メーキング・ラブ/エンティティー 霊体/サマー・ナイト/華麗なる陰謀/トロン

ミッシング

E.T.

一九八二年度外国映画ワースト5

ガンジー

鉛の時代

キング・オブ・コメディ

ゴッドファーザーPARTⅡ/狼よさらば

チャンス

ワイルド・スタイル

ウォー・ゲーム

闇と沈黙の国/カスパー・ハウザーの謎

フラッシュダンス

都市の〈難民〉

ウォー・ゲーム

一九八三年度外国映画ベストテン

イフゲニア

LOST LOST LOST

ジョーズ

一九八三年度ベスト・ワン

グリーン・カード

秋のドイツ

サン・スーシの女

カメレオンマン

ルイス・ブニュエル

ライトスタッフ

ベルリン・シャーミッソー広場

マルコ・フェレーリ

エレクトリック・ドリーム

アマデウス

若き勇者たち



ミツバチのささやき

ジョナスは2000年に25才になる

一九八四年度外国映画ベストテン

メトロポリス

家族の絆

バスケットケース

或る上院議員の私生活

恋におちて

2010年

ネバーエンディング・ストーリー

緑のアリが夢見るところ

ロバート・アルトマン

ファスト・フォワード

ビバリーヒルズ・コップ

イタリア・パラノイア

刑事ジョン・ブック 目撃者

ビデオドローム

シルクウッド

パリ、テキサス

自立する女たち

都市映画の活力

カオス・シチリア物語

パリ、テキサス

ビデオドローム

シルクウッド/ビデオドローム/リキッド・スカイ

映像のフリースペース

オーソン・ウェルズ

華麗なる女銀行家

カルト・ムーヴィ

リキッド・スカイ

ブロードウェイのダニー・ローズ

ブロードウェイのダニー・ローズ

オーストラリア映画の現況

ミッキー・ローク

そして船は行く

エル・スール -南-/蜂の巣

アンダー・ファイア/天使/田舎の日曜日/闇と沈黙の国

オールド・イナフ

一九八五年度外国映画ベストテン

マイケル・チミノ

スティーヴン・スピルバーグ

アメリカ

カイロの紫のバラ

ジョン・ウォーターズ

シネマ・ペダゴジー

マリリンとアインシュタイン

未来世紀ブラジル

サブウェイ

ゴースト・ウィーク/ザ・フライ

一九八六年度ベストテン

モナリザ

プラトーン

映画と音

映画と色

作品・作家ベストテン

ラヴ・ストリームス

プリック・アップ

マックス・ヘッドルーム/マッドマックス

ジェイムズ・ウッズ

薔薇の名前

ロボコップ/ワーキング・ガールズ/ソポトへの旅/ロビンソナーダ

一九八七年度映像ベストワン

ラスト・エンペラー

ラスト・エンペラー

フルメタル・ジャケット

〈戦争〉を継続する戦争映画

外国映画ベストテンと好きな映画人

ニューヨーク映画の戦略

オーストラリア映画の現代

メディア中毒

映画と原作の間

オーストラリア映画Ⅳ

映像のポリティクス

フランシス・F・コッポラ

ウォーカー

映画の情報環境

都市を彩る環境表現

背信の日々

告発の行方

バグダッド・カフェ

スウィート・ムービー

ジャック・ジョンソン

記憶の呪縛

『未来世紀ブラジル』をめぐる戦い

マダム・スーザツカ

デニス・ホッパー

好きな映画館

ウディ・アレン

マダム・スザーツカ

モントリオールのジーザス

『霧の中の風景』あるいはヨーロッパの現在

グランド・ゼロ

首相暗殺

青少年に見せたい映画

ミクロポリティックスへの眼差し

アメリカ映画の〈手抜き〉

映画史上のベスト・カップル

天国の半分

〈カオス〉への志向

あんなに愛しあったのに

尋問

ゴッドファーザーPARTⅢ

あとがき



監督=XXXX/脚本=XXXX/出演=XXXX/XX[公開]年XX[製作国]◎XX/XX/XX[原稿執筆日]『XXXX』[発表媒体]